介護は様々な部分に注目して、より介護を行いやすいよう工夫しよう

リフォームで便利に

リビング4

リフォームは介護を手助けするためにも利用することが出来ます。介護に役立つような設備を導入すれば家族の負担を小さくすることも可能なので、介護が必要になったらリフォームを考えてみましょう。

Read more »

有料老人ホームを利用

リビング10

老人ホームの中には、料金を支払って介護を依頼する有料老人ホームがあります。有料老人ホームは介護を依頼することが出来るだけでなく、自分で行なうよりも専門的な介護をしてもらうことが出来るため、とても有用です。

Read more »

介護の注意点を知る

かなづち

安全な家作りを今から始めるならバリアフリーのリフォームをお勧めします。手すりやスロープ等の施工もお任せできるので頼りになります。

お年寄りや体の不自由な人にとって、家の中の少しの段差が転倒の原因となりとても危険です。 また、階段の登り降りが億劫になり行動範囲が狭くなったりしてしまいます。 床の段差をなくしたり滑りにくくすることで転倒を防いだり、手すりの取り付けにより移動しやすい状況を作ることで、安心して生活できるようになります。 家族の介護を自宅でおこなうために、少しでも介護しやすい環境を作ったり、介護される側も安心して生活できるようにすることが介護リフォームです。 それでは介護リフォームを行う時の注意点はなんでしょうか。 介護リフォームを行うのは介護する側が決めていきます。しかしその時に介護される側に立って考えることも必要です。プライバシーは保てるのかなど、少しでも自立して生活できる工夫が必要です。

介護リフォームにも様々な種類がありますが、実際にリフォームする場合どのような場所をするのでしょうか。 まずは玄関です。玄関は段差のないようにスロープにするのがよいでしょう。そしてドアも引き戸にした方がドアが邪魔になりません。 次にトイレについてみてみましょう。トイレの場合、まずは車いすで入ることのできるスペースが必要です。さらに便座に座ったり、立ち上がったりするときに使う手すりも必要になってきます。トイレのドアも引き戸にした方が、ドアが邪魔になりません。 次に浴室です。浴室は滑りやすいため転倒の危険が高いです。浴室は滑りにくい床や、湯船へ入るときの手すりなどが主なポイントとなります。 介護リフォームには補助金も設定されているので、活用するとよいでしょう。

入居される方の「自分らしさ」を大切するケアを行います。有料老人ホームは八千代のアンダンテを是非ご検討ください。

注目の記事

オススメリンク

高齢者向けの住宅

クローゼット2

リフォームを行なうことで、バリアフリーにも配慮した住宅にすることが可能です。バリアフリー化することで介護の手間が減るだけでなく、介護が必要な人でも自分で行動できる範囲を広げてあげることが出来ます。

Read more »

介護される側

設計図と模型5

介護が必要な人の中には、体が不自由なためにトイレへスムーズに行くことが出来ない人もいます。そのような人の場合は大人用紙おむつを利用することが最も安心できる方法なので、大人用紙おむつを準備しておきましょう。

Read more »

介護士として働く

設計図と模型4

介護職員は年々需要が増加しているため、就職先としてとても魅力的な仕事になっています。介護職員初任者研修を修了して資格を得ることで仕事の幅が広がるため、介護初任者研修について知っておきましょう。

Read more »